【会員専用】 検体検査業務の精度確保に関する概要とひな形を掲載しました

医師法等の一部改正により、各医療機関の管理者は「検体検査の精度確保」が求められるようになりました(厚労省HP「検体検査について」参照)。
精度確保とは、『検体検査データの標準化』を求めるものでありますが、自院でインフルエンザウイルスキットや尿検査試験紙などの簡易的検体検査のみを行っている場合でもあっても精度確保が求められることとなります。このことから、多くの医療機関で精度確保を求められることになりました。
このたび、保険医協会では、そのひな形をご用意しましたので、体制整備にご活用ください。

医療安全管理