インフルエンザ診療に関する Up-to-date

いつ:
2019年10月16日 7:00 PM ~ 8:30 PM
2019-10-16T19:00:00+09:00
2019-10-16T20:30:00+09:00
どこで:
茨城県開発公社ビル 4階大会議室
日本、〒310-0852 茨城県水戸市笠原町978−25
料金:
無料
連絡先:
一般社団法人 茨城県保険医協会
029-823-7930(当日:070-4345-2344)

◆申込書は こちら ※TEL、メールでも受け付けています


演  者 国立国際医療研究センター病院 エイズ治療・研究開発センターACC 病棟医長 照屋 勝治 先生

総合司会 水戸市・みなみ赤塚クリニック 院長 高橋 秀夫 先生

 

【特別講演】 午後7時 ~ 8時 、 【質疑応答】 午後8時 ~ 8時30分

<< 大曲貴夫先生からのメッセージ >>

インフルエンザは日本国内で毎年1000 万人以上が罹患していると推定されている。基礎疾患をもつ患者や、高齢者、妊婦においては肺炎、脳症などの重篤な合併症や細菌性肺炎などの二次感染を併発して死亡の直接原因となる事も稀ではない。健常成人でも心筋梗塞発症リスクの上昇が指摘されている。就学あるいは就労制限による生活への影響、家庭内感染によるハイリスク患者への感染伝播など、社会的なインパクトは極めて大きい。
本講演ではインフルエンザ診療における抗ウイルス薬使用の意義、特に新規作用機序のゾフルーザの効果と安全性、治療中のI38T変異出現の臨床的意味について、現在までの知見を紹介し、私見を述べてみたい。


■ 参加費 : 無料
■ 駐車場 : 無料
■ 共 催 : 塩野義製薬株式会社、一般社団法人茨城県病院薬剤師会、公益社団法人茨城県薬剤師会、一般社団法人水戸薬剤師会、一般社団法人茨城県保険医協会
■ 単 位 : 日本医師会生涯教育講座認定単位取得予定(CC9)、茨城県病院薬剤師会生涯研修単位(0.75単位)、日本薬剤師研修センター認定単位(1単位)