規格性のある口腔内写真を撮るコツ(実習)

いつ:
2019年10月31日 6:30 PM ~ 8:30 PM
2019-10-31T18:30:00+09:00
2019-10-31T20:30:00+09:00
どこで:
一般社団法人 茨城県保険医協会
日本、〒300-0038 茨城県土浦市大町12
料金:
無料
連絡先:
一般社団法人 茨城県保険医協会
029-823-7930

◆申込書は こちら ※TEL、メールでも受け付けています


演  者 株式会社松風 歯科衛生士 宮下 麻梨江 氏 、 落合 あかね 氏

2018 年改定で、口腔内写真検査が「歯周病患者画像活用指導料」に移行し、歯科疾患管理料の「小児口腔機能管理加算」では、口腔外または口腔内カラー写真撮影が必須になりました。今後、口腔内カラー写真の画像活用は、歯周疾患だけでなく、すべての処置に加算もしくは算定要件になる可能性があり、注視されています。
そこで今回は、常に一定の条件を保ち、肉眼で見えるのと同じように再現された、規格性のある口腔内カラー写真を撮るための実習を行います。定員制ですので、お早めにお申し込みください。

●内容:

①プレゼンテーション(口腔内写真の必要性)
②規格性のある口腔内写真の撮り方レクチャー
③カメラを使用しての口腔内撮影実習(5枚法実習;相互実習ではありません)

●使用機種: デジタル口腔撮影装置 アイスペシャルC-Ⅳ

アイスペシャルC-Ⅳの特長
①「歯科専用」に開発    動画+8つの静止画モード
②「はじめて」でもカンタン 面倒な設定は不要!
③画像の整理がラクラク! 自動で患者様ごとフォルダに振り分け


■ 受講対象者: 歯科医師、歯科衛生士、歯科助手
■ 定 員 : 20人(先着申込順) 1医療機関で2人まで ※ 定員を超過したときのみ主催者よりご連絡を差し上げます。
■ 参加費 : 無料
■ 駐車場 : 無料
■ その他 : 会場のご案内は、お申込みいただいた方にお送りいたしします。