6月
29
【オンデマンド配信】歯科 初診料 注1施設基準対応 研修
6月 2020年06月29日 ~ 3月 2022年03月31日 終日

2020年3月29日の「初診料 注1・院内感染防止対策研修会」は、新型コロナウイルス感染症拡大のため延期としていましたが、新規開業や常勤歯科医師として交代された先生方からのご要望に応え、このほど オンデマンド配信(会員専用)を開始します。

公開期間につきましては、当分の間といたしますが、予告の上、変更・終了することもありますので、あらかじめご了承おきください。

 

オンデマンド配信ページへ【 こちら 】

7月
29
【オンデマンド配信】歯科 外来診療環境体制加算 施設基準対応
7月 2020年07月29日 ~ 3月 2022年03月31日 終日

2020年5月24日の「歯科のための救急救命講座」は、新型コロナウイルス感染症拡大のため延期としていましたが、このほど オンデマンド配信(会員専用)を開始します。

公開期間につきましては、当分の間といたしますが、予告の上、変更・終了することもありますので、あらかじめご了承おきください。

オンデマンド配信ページへ【 こちら 】

 

1月
18
【オンデマンド配信】歯科 か強診・歯援診のための研修
1月 2021年01月18日 ~ 3月 2022年03月31日 終日

オンデマンド配信(会員専用)による施設基準届出のための研修は、「歯初診」「外来環」につづき、「か強診・歯援診」研修も開始します。
公開期間につきましては、当分の間といたしますが、予告の上、変更・終了することもありますので、あらかじめご了承ください。

オンデマンド配信ページへ【 こちら 】

 

6月
13
【満員御礼】目からウロコの象牙質知覚過敏症治療 @ 茨城県開発公社ビル1階 中会議室
6月 13日 1:30 PM ~ 4:00 PM

定員に達しましたので、受付終了とさせていただきます。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。


講 師:愛知学院大学歯学部 保存修復学講座 冨士谷 盛興 先生

定 員:24人(先着申込)※収容人数72人の部屋ですが、ソーシャルディスタンスを確保するため。

参加費:無料

対 象:歯科医師・歯科衛生士


【冨士谷盛興先生からのメッセージ】

昨今の酸性飲食物の頻繁摂取に加え、コロナ禍でストレスからくる食いしばりも相まって、歯が急にしみるようになったと象牙質知覚過敏(Hys)を訴える患者が急増しています。患者の口の中に頬舌圧痕がしっかりと見えたら要注意です。歯頸部のHysはもちろんのこと、最近では咬耗により露出した切端や咬合面のHysも頻繁に見受けられ、抑制材を塗布しても正直なところなかなか軽快しません。
本講演では、種々の抑制材の塗布の順番(順番を間違えたら治りません)をはじめ、原因除去や再発防止のためのプロケアとホームケア、抜髄したくなる悩ましいHysへの対応まで、理論と実践を解説します。歯科衛生士の業務内処置がほとんどですので、スタッフの方々の参加もお待ちしています。


【冨士谷盛興先生プロフィール】

1982年東京医科歯科大学歯学部卒業、1986年東京医科歯科大学大学院修了・東京医科歯科大学歯学部助手、1988年~89年米国ハーバード大学/フォーサイスデンタルセンター客員研究員、1995年東京医科歯科大学歯学部講師、2001年広島大学歯学部助教授、2008年愛知学院大学歯学部准教授、2014年愛知学院大学歯学部保存修復学講座特殊診療科教授。
日本歯科医学会理事、日本レーザー歯学会理事長、日本歯科審美学会常任理事、日本接着歯学会理事、日本外傷歯学会理事、International College of Dentists(ICD)日本部会副会長ほか多数学会の役職を兼任。

6月
17
めまい治療のピットフォールと漢方治療 @ WEB
6月 17日 7:00 PM ~ 8:20 PM

◆申込書は こちら ※TEL、メールでも受け付けています


講  師: 水戸市・なのはな耳鼻咽喉科 院長、耳鼻咽喉科専門医・指導医 境 修平 先生

総合司会: 水戸市・かなやま耳鼻咽喉科クリニック 院長 金山 亮治 先生

開催形式: オンライン研究会(ZoomウェビナーでのWEB配信)

※ Zoomアプリをインストールしていない方は、事前にインストールするようお願いします。→【 Zoom ダウンロードセンター
※ Zoomの操作方法については、各自事前にインターネットなどでご確認ください。

参 加 費 :無料

参加方法: 事前登録制(※ 下記登録用ページより、事前にご登録をお願いします。)

登録用URLhttps://www.vdi-webinar.com/0617ibaraki/

単  位: 日本医師会生涯教育講座認定単位取得予定(CC. 31)


講演スケジュール

● 19:00 ~ 20:00 特別講演「めまい治療のピットフォールと漢方治療」
● 20:00 ~ 20:20 Q&Aコーナー


【境先生からのメッセージ】

近年、めまいは医療機関を受診される方が訴える症状の中でも多いものとなっております。耳鼻咽喉科の方はよくわかると存じますが、良性発作性頭位めまい症、メニエール病、前庭神経炎などと診断がつくものであれば問題ないのですが、めまいはしているが眼振はない、聴力も正常、中枢神経症状もない、血液学的にも問題が無いといった症例は多いのではないでしょうか?
諸家の報告によれば、救急外来などでは中枢性めまいは5%程度、末梢性めまいは40~50%程度とされており、およそ半数が「頭でもない、耳でもない」めまいとされています。
ただ実際の臨床の場では、めまい患者が来ればとりあえず中枢性めまいを否定したあとは、末梢性めまいと診断され、抗めまい薬を漫然と投与されているケースが少なくないように思えます。そこで役に立つのが漢方です。
今回はめまいの初期治療におけるピットフォールをQ&A形式で解説するとともに、めまいに対する漢方的な考え方と基本的な処方について解説いたします。