予防接種の考え方と必要性 -こどもだけでなく大人にも-

いつ:
2019年9月5日 7:00 PM ~ 8:30 PM
2019-09-05T19:00:00+09:00
2019-09-05T20:30:00+09:00
どこで:
ザ・ヒロサワ・シティ会館(県民文化センター) 分館集会室8号
日本、〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保697番地
料金:
無料
連絡先:
一般社団法人 茨城県保険医協会
029-823-7930(当日:070-4345-2344)

◆申込書は こちら ※TEL、メールでも受け付けています


演  者 茨城県立こども病院 参与・茨城県予防接種センタ-長 宮本 泰行 先生

座  長 やまき内科クリニック 院長 山木 万里郎 先生

<< 宮本泰行先生からのメッセージ >>

最近麻疹や風疹が流行していますが、患者さんのほとんどは成人です。現在一人のこどもには26-28 回の予防接種が定期として行われ、無料で多くの疾患がカバーされていますが、大人は予防接種制度変遷の影響もあり、VPD(Vaccine Preventable Diseases)としてのワクチン接種を十分には受けておらず、いろいろな疾患に感受性のある状況です。定期接種は老人の肺炎球菌ワクチンとインフルエンザのみであり、自己負担もかなりの額になります。
この講演では、感染症の拡がり方と予防接種の考え方、予防接種の限界、予防接種やワクチンの基本的な知識についてお話します。また成人が接種を考慮したほうがよいワクチンとして、麻疹・風疹は当然として、おたふくかぜ、百日咳、日本脳炎、肺炎球菌、帯状疱疹予防のワクチンなどについて新たな情報・知見をもとに接種の必要性についてお話したいと考えています。
最後に当センターで3年前より開始した、渡航ワクチン外来の活動について紹介したいと思います。


■ 参加費 : 無料
■ 駐車場 : 300円
■ 共 催 : 一般社団法人茨城県保険医協会、一般社団法人土浦薬剤師会
■ 単 位 : 日本医師会生涯教育講座認定単位取得予定(CC11)、日本薬剤師研修センター単位取得予定