2020年度 診療報酬改定関連情報

(2021年4月1日 更新)
診療報酬改定の各種告示や通知、疑義解釈、訂正通知などの資料を抜粋して掲載しています。
今後も関連情報などを随時更新・掲載していきますので、適宜ご参照ください。

詳細はこちら
 各種研究会 オンデマンド配信

各種研究会を オンデマンドにてストリーミング配信 します。院内研修などにご活用ください。
今後コンテンツを増やしていく予定です。

詳細はこちら
 各種文書・テンプレートなど

診療情報連携共有料や周術期口腔管理の連携文書、BP製剤投与中の手術同意書、院内掲示見本など、各種テンプレートを掲載しています

詳細はこちら
 定期的な放射線測定

6か月に1回の実施が義務付けられているX線漏洩検査について、その測定機器(サーベイメータ)の 無料貸出 を実施しています。また、 線量バッジの斡旋販売 を行っています。

詳細はこちら
 会員福利厚生のご案内

星野リゾートの特別プランやダイワハウスの割引特典、特別ローン、無料労務診断など、各種福利厚生をご用意しています。

詳細はこちら

協会の活動

新着情報

2021年4月21日

居宅療養管理指導の新たな様式を掲載しました【2021年4月介護報酬改定】New!!

2021年4月21日

【医科】新型コロナウイルス感染症 レセプト請求についてNew!!

2021年4月21日

茨城保険医新聞4月15日号 抜粋記事を掲載しましたNew!!

2021年4月9日

6/13 歯科臨床研究会「目からウロコの象牙質知覚過敏症治療」を開催しますNew!!

2021年4月5日

「医療系介護報酬改定のポイント 2021年4月版」を発刊しました

2021年4月5日

6/6 コロナ禍でのメンタルヘルス研修会「変化する日常をしなやかに乗り切るメンタルヘルス~健康生成論と反脆弱性~」を開催します

2021年4月1日

疑義解釈の送付について(その62)が発出されました

2021年3月26日

5/16歯科臨床研究会「デンチャースペース義歯の基本と実践、臨床例」を開催します

2021年3月23日

「各種文書・テンプレート」について、BP製剤等の服用者に関する様式を更新しました

2021年3月18日

茨城保険医新聞3月15日号 抜粋記事を掲載しました

研究会情報(更新日:2021.4.9)

6月
29
【オンデマンド配信】歯科 初診料 注1施設基準対応 研修
6月 2020年06月29日 ~ 3月 2022年03月31日 終日
2020年3月29日の「初診料 注1・院内感染防止対策研修会」は、新型コロナウイルス感染症拡大のため延期としていましたが、新規開業や常勤歯科医師として交代された先生方からのご要望に応え、このほど オンデマンド配信(会員専用)を開始します。 公開期間につきましては、当分の間といたしますが、予告の上、変更・終了することもありますので、あらかじめご了承おきください。   オンデマンド配信ページへ【 こちら 】
7月
29
【オンデマンド配信】歯科 外来診療環境体制加算 施設基準対応
7月 2020年07月29日 ~ 3月 2022年03月31日 終日

2020年5月24日の「歯科のための救急救命講座」は、新型コロナウイルス感染症拡大のため延期としていましたが、このほど オンデマンド配信(会員専用)を開始します。

公開期間につきましては、当分の間といたしますが、予告の上、変更・終了することもありますので、あらかじめご了承おきください。

オンデマンド配信ページへ【 こちら 】

 

1月
18
【オンデマンド配信】歯科 か強診・歯援診のための研修
1月 2021年01月18日 ~ 3月 2022年03月31日 終日

オンデマンド配信(会員専用)による施設基準届出のための研修は、「歯初診」「外来環」につづき、「か強診・歯援診」研修も開始します。
公開期間につきましては、当分の間といたしますが、予告の上、変更・終了することもありますので、あらかじめご了承ください。

オンデマンド配信ページへ【 こちら 】

 

4月
1
【オンデマンド配信】保険診療研究会(在宅編) @ WEB
4月 1日 9:00 AM ~ 5月 31日 11:45 PM

◆ご案内チラシは こちら


公開期間:2021年 4月 1日(木) ~ 5月 31日(月)


保険医協会では、毎月たくさんの保険請求に関するお問い合わせをいただいており、最近は「在宅点数」に関するお問合せも多くいただいています。
ご存じの通り、「在宅点数」は要件がわかりづらく複雑なことに加え、介護保険との給付調整などもあり、非常に難解です。
今回はいただいたお問合せの中から、より注意すべき事例、お問い合わせの多かった事例、知っておいていただきたい事例などを中心に、スライドを用いてご説明いたします。
なお、今回はより多くの会員医療機関の皆様にご都合のよい時間・場所でご視聴いただけるよう、オンデマンド配信いたします。
院内の研修など、レセプト作成のレベルアップに、ぜひご活用ください。

オンデマンド配信ページへ【 こちら 】

5月
16
デンチャースペース義歯の基本と実践、臨床例 @ つくば国際会議場中会議室201
5月 16日 2:00 PM ~ 4:30 PM

◆申込書は こちら ※TEL、メールでも受け付けています


講 師:横浜市・田中歯科医院 院長 田中 五郎 先生

定 員:25 人(先着申込)※収容人数126人の部屋ですが、ソーシャルディスタンスを確保するため。

参加費:無料

対 象:歯科医師、歯科技工士

使用テキスト:「デンチャースペース義歯その理論と製作法」(田中五郎著、デンタルダイヤモンド社、6,600円)

※ 保険医協会からは販売はいたしません。あらかじめネットや歯科商会等でお買い求めの上、ご持参ください。

※ ご入場いただけなかった方は、後日にご案内するオンデマンド配信をご視聴ください。


【田中五郎先生からのメッセージ】

大きく様変わりした生活、長くなった「おうち時間」の中で、幸せをどうやって感じるかが今の課題です。生活の中では、いろいろな場面で幸せを感じると思いますが、大きなもの
の一つが「美味しいもの、好きなものを食べる」です。そして食の確保は栄養の確保、免疫力の維持にも大切です。そこで今回は、無歯顎患者さんの食を支える「デンチャースペース義歯」について、じっくりお話をさせていただきます。


【田中五郎先生プロフィール】

1988 年東京歯科大学卒業、加藤歯科医院(加藤武彦院長)勤務。横浜市立市民病院(河内四郎部長)で研修。
1992 田中歯科医院院長。全国訪問歯科研究会(加藤塾)会員、総義歯臨床研究会「車座」会員、日本顎咬合学会会員、DSM(デンタル・スタッフ・ミーティング)会員、横浜市立石川小学校学校歯科医。著書に「デンチャースペース義歯その理論と製作法」他多数。


【2回以降の予定】※日時と場所は決まり次第、保険医新聞に同封するチラシとホームページでお知らせします。
第2回講義:「治療用義歯製作法(咬合採得)(排列)(試適、デンチャースペース印象)(セット)」
第3回講義:「治療用義歯製作法(リハビリテーションの調整)(本義歯の作製)」
第4回講義:「デンチャースペース義歯症例集」

6月
6
コロナ禍でのメンタルヘルス研修会 @ つくば国際会議場 小会議室405
6月 6日 2:30 PM ~ 4:00 PM

◆申込書は こちら ※TEL、メールでも受け付けています


テーマ:変化する日常をしなやかに乗り切るメンタルヘルス ~健康生成論と反脆弱性~

日経メディカルで「5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿」を連載中の鈴木瞬先生(SNCメンタルヘルス・産業医事務所代表)に、感染流行に伴う自然なこころの反応や、その対応についてお話いただきます。

講 師:SNCメンタルヘルス・産業医事務所代表 鈴木 瞬 先生

定 員:36人(先着申込)※収容人数72人の部屋ですが、ソーシャルディスタンスを確保するため。

参加費:無料

対 象:医療機関で働く各職種の皆様

 

【鈴木瞬先生からのメッセージ】

2020年、私たちの日常と生活には未曽有の変化が訪れました。それにより失われたものがある一方で、失われないどころかこれまでより一層光り輝いているものもあるはずです。本講座では健康生成論と反脆弱性をキーワードに、皆さんと変化が常態となった時代の乗り切り方を考えていきたいと思います。


【鈴木瞬先生プロフィール】

昭和60年生まれ。高知大学医学部卒、筑波大学大学院修了。
産業医科大学病院、産業医実務研修センターで研修後、筑波大学産業精神医学グループに入局。
首都圏での産業医、精神科・心療内科診療、メンタルヘルス産業医実務を経て、平成26年3月SNC産業医事務所開業。
H27年4月豊後荘病院精神科、H28年4月同院ストレスケア・アルコール病棟長併任。H31年4月同院退職。
著書は「研修医のための人生ライフ向上塾!」他。

6月
13
【満員御礼】目からウロコの象牙質知覚過敏症治療 @ 茨城県開発公社ビル1階 中会議室
6月 13日 1:30 PM ~ 4:00 PM

定員に達しましたので、受付終了とさせていただきます。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。


講 師:愛知学院大学歯学部 保存修復学講座 冨士谷 盛興 先生

定 員:24人(先着申込)※収容人数72人の部屋ですが、ソーシャルディスタンスを確保するため。

参加費:無料

対 象:歯科医師・歯科衛生士


【冨士谷盛興先生からのメッセージ】

昨今の酸性飲食物の頻繁摂取に加え、コロナ禍でストレスからくる食いしばりも相まって、歯が急にしみるようになったと象牙質知覚過敏(Hys)を訴える患者が急増しています。患者の口の中に頬舌圧痕がしっかりと見えたら要注意です。歯頸部のHysはもちろんのこと、最近では咬耗により露出した切端や咬合面のHysも頻繁に見受けられ、抑制材を塗布しても正直なところなかなか軽快しません。
本講演では、種々の抑制材の塗布の順番(順番を間違えたら治りません)をはじめ、原因除去や再発防止のためのプロケアとホームケア、抜髄したくなる悩ましいHysへの対応まで、理論と実践を解説します。歯科衛生士の業務内処置がほとんどですので、スタッフの方々の参加もお待ちしています。


【冨士谷盛興先生プロフィール】

1982年東京医科歯科大学歯学部卒業、1986年東京医科歯科大学大学院修了・東京医科歯科大学歯学部助手、1988年~89年米国ハーバード大学/フォーサイスデンタルセンター客員研究員、1995年東京医科歯科大学歯学部講師、2001年広島大学歯学部助教授、2008年愛知学院大学歯学部准教授、2014年愛知学院大学歯学部保存修復学講座特殊診療科教授。
日本歯科医学会理事、日本レーザー歯学会理事長、日本歯科審美学会常任理事、日本接着歯学会理事、日本外傷歯学会理事、International College of Dentists(ICD)日本部会副会長ほか多数学会の役職を兼任。

PAGE TOP