保険医年金

保険医年金は、国民年金以外に開業医の老後保障がなかった1968年に、会員からの声にこたえて創設されました。現在では、約5万4千人が加入し、積立総額が1兆1千億円を超える、日本有数の団体年金制度です。
ライフステージにあわせての増口や減口はもちろん、払い込みの中断や口数単位での一時金受取(解約)なども可能です。年金としてはもちろんのこと、いざというときの出費にもフレキシブルに対応できる制度となっています。

< チラシ > もご参照ください。

【主な特徴】

  • 予定利率 1.259% ※2018年1月1日現在。2016年度は配当があり、予定利率とあわせて1.361%となりました。
  • 急に資金が必要になったときには、一時金として1口単位で解約ができます
  • 掛金の払込が困難となったときは、1口単位で払込中断ができ、払込再開も随時受け付けています
  • スケールメリットを生かした低額な手数料
  • 受給年齢の定めはないので、何歳でも受給できます(ただし、80歳まで)
  • 多彩な受取方法を、受け取るときに選択できます
  • 「年金受給開始後の受給額」を過去に削減したことはありません

【加入資格】満74歳までの会員(増口は79歳まで)


※ 詳細は下記より資料請求いただくか、または当会共済部までお問い合わせ下さい。

お気軽にお問い合わせください。029-823-7930受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

資料請求はこちらから お気軽にお問い合わせください。