10月
13
病院・医科診療所のための周術期等口腔機能管理講習会 @ つくば国際会議場 大会議室102
10月 13日 7:00 PM ~ 8:45 PM

◆申込書は こちら ※TEL、メールでも受け付けています


医科点数表には周術期等口腔機能管理に関連して算定できる項目がありますが、茨城県保険医協会が県内の病院に対して実施した「口腔のケア・周術期等口腔機能管理に関するアンケート」では、「周術期等口腔機能管理の内容が良く分からない」などの回答が一定数ありました。逆に言えば、これらの問題が解決されれば、周術期等口腔機能管理を諦めている病院でも実施する可能性があることが分かりました。
2020年診療報酬改定では周術期等口腔機能管理の必要性を認め、 歯科を標榜する別の医療機関に予約した上で患者を紹介することへの評価が新設されました。
そこで、茨城県保険医協会では病院や医科診療所向けに周術期等口腔機能管理の内容、診療報酬についての講習会を開催いたします。


医科点数表にある周術期等口腔機能管理の正しい理解

座長 : 筑波大学附属病院 顎口腔外科臨床 教授・(公社)地域医療振興協会 石岡第一病院 歯科口腔外科 部長 萩原 敏之 先生

【開会あいさつ】 午後7時~  一般社団法人茨城県保険医協会 会長  宮﨑 三弘 先生

 

【講演①】 午後7時5分 ~ 7時45分 『 周術期等口腔機能管理の仕組みについて 』

茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター 歯科口腔外科部長  大木 宏介 先生

 

【休憩】 午後7時45分 ~ 7時55分

 

【講演②】 午後7時55分~8時35分 『 周術期等口腔機能管理の実例について 』

筑波大学附属病院 茨城県地域臨床教育センター 教授・茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター 口腔統括局長 柳川 徹 先生

 

【質疑応答】 午後8時35分 ~ 8時45分


●定 員:40 人(先着申込)※収容人数126人の部屋ですが、ソーシャルディスタンスを確保するため。
●駐車場:有料(各自ご負担願います)
●参加費:無料
●参加対象:病院院長、医局医師、医事課職員、医科診療所院長、医師、事務職員
●日本医師会生涯教育講座 1.0単位(CC:6)取得予定
※単位をご希望の先生は9月30日までに参加申し込みをしてください。

10月
15
OTC薬乱用・依存の現状と対応 @ WEB
10月 15日 7:00 PM ~ 8:20 PM

◆研究会チラシは こちら


講  師: 埼玉県立精神医療センター 副病院長 成瀬 暢也 先生

総合司会: 阿見町・なるしま内科医院 成島 勝彦 先生

開催形式: オンライン研究会(ZoomウェビナーでのWEB配信)

※ Zoomアプリをインストールしていない方は、事前にインストールするようお願いします。→【 Zoom ダウンロードセンター
※ Zoomの操作方法については、各自事前にインターネットなどでご確認ください。

参 加 費: 無料

参加方法: 事前登録制 事前登録は 【 こちら

単  位: 日本医師会生涯教育講座認定単位取得予定(1単位 CC.69 不安)


講演スケジュール

● 19:00 ~ 20:00 特別講演「OTC薬乱用・依存の現状と対応」
● 20:00 ~ 20:20 Q&Aコーナー


【成瀬先生からのメッセージ】

OTC 薬は、処方薬や違法薬物に比べ、危険性は低いと考えられていますが、「誰でも入手しやすい」ことから、乱用・依存が容易に起こります。未成年者の乱用が増えているという報告もあります。厚生労働省は、ジヒドロコデイン、メチルエフェドリン、ブロムワレリル尿素などを「濫用の恐れのある医薬品」に指定し注意喚起をしています。近年、薬物問題は「捕まらない薬物へのシフト」が進んでいます。また、スマートドラッグ問題など、受験勉強や仕事のために適応外の医薬品を使う風潮もみられます。問題となるOTC 薬には複数の依存性物質が混合されており依存性を高めており、やめることが難しいのです。
当日は、身近にあるのに実態が見えにくいOTC 薬問題の現状と対応について具体的にお伝えしたいと思います。

10月
25
医療安全管理・院内感染対策研修会「診療所における院内感染対策とクレーム対応について」 @ WEB
10月 25日 7:00 PM ~ 8:00 PM

研究会チラシは こちら


新型コロナウイルス感染症は、2019 年12 月に中国・武漢で第1 例目の感染者が報告されてから間もなく2年が経過しようとしています。今後は、ウィズコロナ時代を見据えた院内感染対策が必要であり、一人一人がその意識を高めることが重要となります。
また、医療機関の困りごととして多いのが『患者からのクレーム』です。最近では、病院だけでなく診療所でもクレーム事案が多数発生しています。クレームの背景を知り、基本的対処方法を身に着けておくことは、医療機関で働くうえで必須事項となります。
今回、新型コロナウイルス感染症を中心とした院内感染対策、患者からのクレーム対応について学ぶ機会となるよう研修会を開催いたします。ぜひご参加ください。


◆ 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)院内感染対策のポイント」

医療従事者の方々の新型コロナウイルス感染症への備えとして、ウイルスの
主な特徴、院内感染対策の留意点、参考資料やお役立ち情報等をご紹介します。

講師: 杏林製薬株式会社 東京支店 感染制御担当部長 丸山 輝彦 氏

◆ 「クレーム対応のポイント」

・患者さんからのクレームの数は年々増加傾向にあり、その内容は多岐にわたります。
これらのクレームにどう対処すべきか。よく見られる事例をQ&A 方式で紹介し、
対応策を紹介します。

講師: 杏林製薬株式会 社関越支店 水戸第二営業所 所長 加崎 友寛 氏


開催形式: オンライン研究会(ZoomウェビナーでのWEB配信)

※ Zoomアプリをインストールしていない方は、事前にインストールするようお願いします。→【 Zoom ダウンロードセンター 】
※ Zoomの操作方法については、各自事前にインターネットなどでご確認ください。

参加対象: 医療機関スタッフ

参 加 費: 無料

参加方法: 事前登録制 事前登録は 【 こちら 】

共  催: 杏林製薬株式会社、 一般社団法人 茨城県保険医協会

*研修会受講者(途中退出者は除きます)には、「医療安全管理・院内感染対策研修会受講証」をご登録いただいたメールアドレス宛にPDF にて交付いたします。保健所の立入検査の時まで保管してください。

11月
18
【日程変更】よくわかる摂食嚥下障害の基礎知識 ベーシックコース(連続5回シリーズ) @ つくば国際会議場 中会議室202
11月 18日 6:30 PM ~ 8:30 PM

※ つくば国際会議場の臨時閉館に伴い、第1回の日程を11月18日(木)に変更しました。第2回以降の日程は下記【今後の日程・内容】をご確認ください。

※ 定員に達しました。たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。


講  師: 市村歯科医院 歯科医師・茨城県立医療大学認定看護師教育課程「摂食嚥下看護」非常勤講師 市村 和大 先生

参加費 : 10,000円(全5回分として)
※ 前納となります。お申し込み受付後、郵便振替用紙をお送りしますので、そちらからお振込みください。

定  員: 33名(先着申込順。全5回通しでのお申し込みとなります。)
※ 収容人数126 人の部屋ですが、ソーシャルディスタンスを確保するため、定員を少なくしています。

駐車場 : 近隣の有料駐車場をご利用ください(サービス券は発券いたしません


【今後の日程・内容】

  • 第1回 2021年9月16日(木) 開講式、嚥下の基礎①、食事指導方法
  • 第1回 2021年11月18日(木) 開講式、嚥下の基礎①、食事指導方法
  • 第2回 2022年1月20日(木) 嚥下の基礎②、経管栄養利用者の食支援
  • 第3回 2022年3月31日(木) 嚥下の基礎③、嚥下障害とサルコペニア
  • 第4回 2022年5月19日(木) 嚥下の基礎④、嚥下と関係する薬剤
  • 第5回 2022年7月21日(木) 口腔ケアの講義、まとめ、修了証授与

【市村和大先生からのメッセージ】

「摂食嚥下障害について、しっかり学んでみたい!」そう思われる方は少なくないように思われます。しかしながら、大学のような専門機関に通う時間を作るのは容易なことではありません。「仕事や家庭があるため、さすがにそこまでは・・・」と諦めざるを得ない人も多いのではないでしょうか。
そこで、そのような方達に向けて、嚥下障害の基礎から嚥下障害の対策まで、まずはベーシック講座として5回に分けてお話しようと思います(その後はベーシック講座修了者を対象にアドバンス講座を開講する予定です)。
対象は、PT、OT、ST、介護士、栄養士、歯科衛生士、ケアマネジャー、薬剤師、看護師、医師、歯科医師と、どなたでも受講可能です。
基礎からしっかり学んでみたい方は、ぜひいらしてください。


【市村和大先生のプロフィール】

平成21年日本大学歯学部卒業、平成22年日本大学歯学部摂食機能療法学講座入局、平成24年 市村歯科医院勤務。
日本摂食嚥下リハビリテーション学会評議員・認定士、日本口腔リハビリテーション学会代議員、日本老年歯科医学会認定医。

 

 

12月
26
【日程変更】(第2回)デンチャースペース義歯の基本と実践、臨床例 @ つくば国際会議場中会議室201
12月 26日 2:00 PM ~ 4:30 PM

※ つくば国際会議場の臨時閉館に伴い、日程を12月26日(日)に変更しました。

◆申込書は こちら ※TEL、メールでも受け付けています


「治療用義歯製作法(咬合採得)(排列)(試適、デンチャースペース印象)(セット)」

講 師:横浜市・田中歯科医院 院長 田中 五郎 先生

定 員:25 人(先着申込)※収容人数126人の部屋ですが、ソーシャルディスタンスを確保するため。

参加費:無料

対 象:歯科医師、歯科技工士

使用テキスト:「デンチャースペース義歯その理論と製作法」(田中五郎著、デンタルダイヤモンド社、6,600円)

※ 保険医協会からは販売はいたしません。あらかじめネットや歯科商会等でお買い求めの上、ご持参ください。


【第2回講義への田中五郎先生からのメッセージ】

多くの方が、難しいと言われる「咬合採得」「咬合調整」についてお話いたします。
「咬合採得」は総義歯製作の要ですし、基準が曖昧な部分が多い工程です。「咬合調整」も3次元的な動きにあわせるので複雑な行程です。
ですが、手順を理解し丁寧に作業することで難しさはかなり軽減されます。そのテクニックを細かく説明させていただきます。


【田中五郎先生プロフィール】

1988 年東京歯科大学卒業、加藤歯科医院(加藤武彦院長)勤務。横浜市立市民病院(河内四郎部長)で研修。
1992 田中歯科医院院長。全国訪問歯科研究会(加藤塾)会員、総義歯臨床研究会「車座」会員、日本顎咬合学会会員、DSM(デンタル・スタッフ・ミーティング)会員、横浜市立石川小学校学校歯科医。著書に「デンチャースペース義歯その理論と製作法」他多数。


【第3回以降の予定】※詳細については、後日に保険医新聞に同封するチラシとホームページでお知らせします。

  • 第3回講義(2022年4月10日(日)14時~ つくば国際会議場):「治療用義歯製作法(リハビリテーションの調整)(本義歯の作製)」
  • 第4回講義(2022年6月12日(日)14時~ つくば国際会議場):「デンチャースペース義歯症例集」