新型コロナワクチン接種に関連した鎮痛解熱剤の投与について

新型コロナワクチン接種に関連し、鎮痛解熱剤(カロナール(アセトアミノフェン)など)の投与における保険診療(保険請求)の適否について、多くご質問をいただいております。
下記に事例をお示しいたしますので、日々の業務にお役立て下さい。
2021年6月3日現在の情報です。今後の厚労省の通達等により、変更となる可能性もございますのでご了承ください。

〇予防投与について

ワクチン接種時に患者から「副反応が起きた時のために解熱剤が欲しい」と言われた

予防投与目的のため、薬代を 自費 で徴収します。院外処方の場合は、処方箋料を 自費 で徴収します。

〇接種後の発熱等の副反応を疑う症状への投与について

ワクチン接種の翌日に熱発があったため来院され、解熱剤を処方。

症状があるため 保険診療 となります。診療の上、お薬を処方してください。

なお、自費、保険診療、いずれであっても医師の診療なく薬の処方は認められておりません。
(※医師法 第20条「無診察治療等の禁止」)

また、ワクチン接種と別日に予防投与で薬の処方のみを求められた場合も、医師の診察が必要です。その際は、診察料を含め自費 で徴収することになりますのでご留意ください。

参考:新型コロナワクチン接種後の発熱等の症状への対応について